あの日は何曜日? 
10000年カレンダー 

その他の暦注

一般に、江戸時代までに流布した暦の上段には日付・曜日・二十四節気、七十二候などの科学的・
天文学的な事項や年中行事と六曜、中段には十二直、下段には二十八宿・九星・その他の迷信的
事項が書かれていました。
今日でも
日めくりにはその多くが記載されています。

●六曜

 旧暦の日付に次の6つの名称を結び付けています。六輝ともいいます。

 先勝-友引-先負-仏滅-大安-赤口-先勝 (詳しくは参照)

先勝は、急用や訟訴などに吉だが午後は凶
友引は、午前中・夕刻・夜は吉だが昼は凶
先負は、静かにしているのがよく、公事・急用は避け、午後は大吉
仏滅は、移転・開店、新規事業の開始などすべて凶
大安は、婚姻、移転、建築、旅行、新規事業の開始などすべてのことによい大吉日
赤口は、赤口神が衆生を悩ますためになにごとをするのも悪い凶日だが正午のみは吉

九星

 一から九までの数字、七色、五つの星を組み合わせて以下の9つの名称が作られます。

 一白水星-二黒土星-三碧木星-四緑木星-五黄土星-六白金星-七赤金星-八白土星-九紫火星

読み方:いっぱく、じこく、さんぺき、しろく、ごおう、ろっぱく、しちせき、はっぱく、きゅうし。
星の名前は五行説によるもので、実際の天体とは関係ありません。

五行:万物は木・火・土・金・水の5つの元素から成り立つという思想

 年の九星はふつう立春から節分までを一年とし、九紫、八白・・のように数字の逆順に進みます。
 計算法は、9で割り切れる西暦年を二黒土星、次の年を一白水星、次を九紫火星・・・とします。

早見表
(立春の前日までは前年とみなします。)

九紫火星 八白土星 七赤金星 六白金星 五黄土星 四緑木星 三碧木星 二黒土星 一白水星
1946 1947 1948 1949 1950 1951 1952 1953 1954
1955 1956 1957 1958 1959 1960 1961 1962 1963
1964 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972
1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981
1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990
1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 1908
2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026
2027 2028 2029 2030 2031 2032 2033 2034 2035

五黄土星と寅年が重なることを「五黄の寅」と言い、最も運気が強いとされます。近年では
1950、1986、2022が当たります。

 日の九星は冬至に最も近い甲子の日を一白として順に進み、夏至に最も近い甲子の日を九紫
 として逆順に進みます。

 明治以降の九星・干支・五行を組み合わせた占いは九星気学と言われます。

 九星気学による象意

 一白水星
 始め、交わり、困難、悲しみ、穴、裏、中年男、水、流動性、忍耐、思考、秘密、搾取、健康運、
 部下運、腎臓、糖尿病、鼻腔、耳病、水腫、吹き出物、婦人病、尿道、性器、痔、肛門

 二黒土星
 勤勉、従順、謙遜、古い、遅延、地味、大衆、庶民、土地、集合、四角、布団、甘い物、老婆、母親
 消化器系、胃、ポリープ、腹痛、鼻関連

 三碧木星
 激しい、動く、繁栄、明朗、指揮者、管理職、宣伝、メッセージ、連絡、通信、交信、音、声、音楽、
 評判、雷鳴(雷の音)、波動(音波や電波などの波全般)、地震、電気、肝臓疾患、ノド、親指、
 けいれん系疾患、ヒステリー症

 四緑木星
 出入、長い、遠方、風、木、草花、信用、整う、取引、交通、迷い、遅延、長女、整理、通信、縁、
 交際、完成、評判、辞令、縁談、結婚、精神、旅行、通勤、交渉、誤解、行き違い、侵攻、考え違い、
 運搬、歓迎、腸、左手、気管、食道、動脈、神経、筋、呼吸器

 五黄土星
 基礎、暴力、墓、死、癌、旧病の再発、破壊、葬祭業、塵芥処理、腫れ物、甘味、庇、創造、刺客、
 醜聞、醗酵、廃棄物、天変地異、中央、核、熱、支配力、反抗、核心、パニック、無、黄色、強欲、
 破産、失業、再起(再起動)、大腸、便秘、下痢

 六白金星
 動く、多忙、決断、都、人の集まる場所、目上、気品、天皇、肺、免疫、父、防衛、天、完全、威厳、
 権力、勝負、円、争い、規則、信仰、堅固、懐妊、高慢、充実、太陽、高級品、車、多忙、供養、
 施す、戦う、すこやか、寄付、世話事、肋骨、肋膜、血圧作用、汗、発熱、腫れ物、心臓、左肺、
 骨折、めまい、扁桃腺、皮膚病

 七赤金星
 喜び、弁舌、終末、引退、金銭、口論、祝賀会、結婚式、不十分、不注意、毒舌、恋愛、レジャー、
 財、少女、集まる、食べる、右肺、口中、歯、咽頭、気管支、神経衰弱

 八白土星
 変化、貯まる、止まる、高い、相続、終止と再開、関節、不動産、純粋、少年、改革、山、歓迎、耳、
 鼻、腰、筋肉、高尚、体中の関節、背中、脊髄

 九紫火星
 離合、神、高貴、華やかな美人、気の強い中年女性、結婚式、離婚、紫煙、印影、火事、高血圧、
 心臓疾患、脳病、見栄、虚飾、対立作用、文書、火、学者、熱、光、明かり、栄光、苦味、精神、
 脱退、切断、破壊、発覚、目の病気、頭脳、視力、血球、顔面、頭部

●十干

 年や月、日にの次の10の要素を順に当てはめています。

 甲-乙-丙-丁-戊-己-庚-辛-壬-癸 (参照)

●十二支

 年や月、日にの次の12の要素を順に当てはめています。

 子-丑-寅-卯-辰-巳-午-未-申-酉-戌-亥 (参照)

十二直

 北斗七星の柄の向く方位と日の十二支の関係で決めた12の要素を日に当てはめたもの。
 かつての暦の中段に記載されました。

 建(たつ)-除(のぞく)-満(みつ)-平(たひら)-定(さだむ)-執(とる)-破(やぶる)-危(あやう)-
 成(なる)-納(をさむ)-開(ひらく)-閉(とづ)

 立春後の最初の寅の日を建として順に進みますが、啓蟄の日には進めずに前日と同じとして
 翌日からまた進めます。
 同様に清明・立夏・芒種・小暑・立秋・白露・寒露・立冬・大雪・小寒・
立春の日にも進め
 ずに前日と同じとします。

  新仮名遣いに改めるときは「たひら、をさむ、とづ」を「たいら、おさむ、とず」とします。

 吉凶判断(神宮館)

 建(たつ) 万物を建て生じる日
  よろず大吉の日。ただし動土、蔵開きなど凶。
 除(のぞく) 
障害を取り除く日
  百凶を除く日。医薬事、種まき始めなど吉。
 満(みつ)
 全てが満たされる日
  万象万物満溢の日。祝い事、建築、移転等吉。
 平(たいら)
 物事が平らかになる日
  婚礼等の祝い事、相談事、柱立てなどに吉。
 定(さだむ) 
善悪が定まる日
  建築、移転、新規事開始、婚礼、種まき等吉。
 執(とる)
 執り行う日
  神仏の祭祀、婚礼、造作、種まきなどに吉。
 破(やぶる) 
物事を突破する日
  物事を衝き破る日で、訴訟、談判事には吉。
 危(あやう)
 物事を危惧する日
  何事も控え目に慎む日で、とくに旅行は凶。
 成(なる) 
物事が成就する日
  新規事の開始に吉。ただし訴訟、談判など凶。
 納(おさむ) 
物事を納め入れる日
  五穀収納、商品買入れなど吉。縁談事は凶。
 開(ひらく)
 物事を納め入れる日
  建築、移転、開店、婚礼など吉。不浄事凶。
 閉(とず)
 閉じ込める日
  建墓など吉。棟上げ、婚礼、開店などは凶。

二十八宿

 日に次の28の要素を順に当てはめています。
 元々は月が宿る星座の意味だったのが今では月の運行とは関係ありません。

 角(かく)-亢(こう)-(てい)-房(ぼう)-心(しん)-尾(び)-箕(き)-斗(と)-牛(ぎゅう)-女(じょ)-
 虚(きょ)-危(き)-室(しつ)-壁(へき)-奎(けい)-婁(ろう)-胃(い)-昴(ぼう)-畢(ひつ)-觜(し)-
 参(しん)-井(せい)-鬼(き)-柳(りゅう)-星(せい)-張(ちょう)-翼(よく)-軫(しん)

 日本のこよみでは江戸前期の貞享2年元日(1685年2月4日)を星として以後連綿と続いています。
 28は7の倍数であるため、同じ宿は常に同じ曜日となります。
(参考)

 吉凶判断(神宮館)

 (かく)
  柱立て、普請造作、婚礼吉。葬式凶。
 (こう)
  衣類仕立て、物品購入吉。建築凶。
 (てい)
  婚礼、新規事開始等吉。着始め凶。 
 (ぼう)
  婚礼、旅行、移転、柱立て、棟上げ吉。
 (しん)
  移転、旅行吉。婚礼、普請建築、葬式凶。
 (び)
  婚礼、開店、移転、新規事の開始吉。
 (き)
  動土、集金、建物の改造吉。葬式凶。
 (と)
  土掘起こし、倉庫建築、新規事開始吉。
 (ぎゅう)
  移転、旅行、その他万事に用いて吉。
 (じょ)
  稽古事始め吉。訴訟、婚礼、葬式凶。
 (きょ)
  衣類着初め、学問始め吉。相談事凶。
 (き)
  壁塗り、家宅修理、船普請、酒造り吉。
 (しつ)
  神仏祭祀、婚礼、祝い事すべてよし。
 (へき)
  新規事の開始、旅立ち、婚礼等に吉。
 (けい)
  柱立て、棟上げ、神仏祭祀、旅行吉。
 (ろう)
  動土造作、婚礼、契約、取引始め吉。
 (い)
  公事への関与は吉。私事に拘るは凶。
 (ぼう)
  神仏詣り、新規事開始吉。造改修凶。 
 (ひつ)
  神仏祭祀、婚礼、屋根ふき、棟上げ吉。
 (し)
  稽古始め、仕事始め吉。着初めは凶。
 (しん)
  物品仕入れ、新規取引開始、祝い事吉。
 (せい)
  神仏祭祀、種まき、普請建築など吉。 
 (き)
  祝い事すべて大吉。ただし婚礼のみ凶。
 (りゅう)
  物事断るによい日。婚礼、新規事開始凶。
 (せい)
  乗馬始め、便所改造吉。婚礼、葬式凶。
 (ちょう)
  神仏祈願、就職、見合い等和合事吉。
 (よく)
  耕作始め、樹木の植替え、種まき吉。
 (しん)
  地鎮祭、棟上げ、落成式、神仏祭祀吉。

日めくりなどに記載されるその他の項目解説


このサイトはお役に立ちましたか? 
はい  いいえ

解説目次

戻る